FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天秤にかける

日記いきます

物事を比較することがあまり好きではなかった自分にとっても、対戦ゲームに関してはその限りではありませんでした。
パーティを組む際にいわゆる構築軸という構築の核が存在するのは言うまでもありませんが、そもそも「わざわざその軸を使う理由」を見つめ直すことの重要さを、シングルバトルから学ばされました。ものすごく当たり前のことではありますが。

「ステルスロックを撒いて○○で全抜きする」というコンセプトのパーティを組んだとして、それはわざわざステロを巻く必要があるのだろうか。ガルーラスタンを使うよりも高い勝率を叩きだせるのだろうか?
「ガルーラ+カバルドン」を軸にパーティを組んだとして、受け駒にわざわざカバルドンを採用する理由はなんなのだろうか。カバルドンにしかない強みに着目した結果の採用だとしても、そこにクレセリアやスイクンを採用するより高い勝率を叩きだせるのだろうか?
「タイプ相性や状態異常を駆使したサイクル重視のパーティ」を組んだとして、わざわざターン数をかけてサイクルを回す理由ってなんだ?崩しのタイミングを多く与えるだけだし素直に殴るパーティのほうが良くないか?
そんなことを終盤はずっと考えていました。(決して引き合いに出している構築軸を否定しているわけではないです)
極端な言い方をすると、常に自分を疑い続けていたということですね。
どれだけ頑張っても自分の力量にどうしても信用がおけなかったので、尚更といった感じでした。
ぶっちゃけこの考え方は「これを使いたいから使う」という言葉で一蹴されてしまうんですけどね。

せっかく考えた構築案を自分で否定してまた次、なんてのを繰り返してたら正直キリがないんですが、シングルという環境があまりにも広がりすぎてしまったため止むを得ずという感じでした。
考えた案はどれも自信のあるものだったと同時に必ずいくらかの不安要素を自覚してしまっていたため、「色々考えた結果これが一番マシっぽいし使うか」というスタイルだったように感じます。
実際最終シーズンはいくら考えても納得のいくパーティができず、消去法でガルクレセを使っていたところがあるかもしれません。ガルクレセ以外を使って普通の立ち回りでちゃんと勝てる気がしなかった。
発売初期のように環境が漠然としていればこんなことせずに済むのですが、サンムーンをやることになったら終盤は結局同じようなスタイルになりそうです。






あと


「レートリセット」という行為についてTLでは賛否両論ありましたが、時間のあるシーズンでは序盤〜中盤にかけて頻繁に繰り返していました。
メインロムを回してあれこれ試行錯誤して、一つの構築が完成したらサブロムで1500からスタート。極端な運負けを除き、安定した勝率と無理のない立ち回りでスムーズに低レート帯を突破できなかったらボツ、というプロセスを何度か踏んでいました。
「どのレート帯でも安定した勝率を叩きだせるパーティであるかどうかの判断材料が欲しい」「下のレート帯でスムーズに勝てなければ上で通用するはずがない」といった理由からですね。
大体レート2000を到達する辺りで勝率が7割前後あれば及第点、くらいに思っていました。
机上論では漠然としか捉えることができない構築の質を判断するのに一番てっとり早いのが実践での勝率なので、実際にレートリセットというシステムは個人的にはとても便利だったように感じます。
単に見栄えが良くなるのも嬉しいですけどね。

日記終わり
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

修道女S

Author:修道女S
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。