FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さかなつり


釣り出しなどのいわゆる「交代読み」は個人的な認識では、自分が明確に不利な状況、つまり対面有利な択を押し続けていたら負ける状況をひっくり返す際に使うものだと思っている。
このゲームにおいて居座りと交代の両方に対応出来る択が最も優秀なのは言うまでもないがそれができる時点で有利なわけであり、本当に不利な状況では目の前の相手に対して一切通らない技や交換を強引に決めなければならないケースがある。それらの行動はもちろん非常にリスキーで、極力避けたいものである。
しかし対人ゲームにおいて全てに有利を取る構築は存在しないので、対戦数を重ねていればこのようなリスクを冒さなければならない不利マッチングは避けられない。
逆に言えば、多くの対戦でリスクを冒さなければならない構築はそれだけ完成度が低いともとることができる。

対戦の中でこちらの行動が背負うリスクをどれだけ取り除けるかがイコールでその構築及びプレイヤーの強さにつながると考えているので、正直できることなら100戦やって70戦以上の試合はリスキーすぎる択を取らずに勝つのが望ましい(レート帯にもよるが)。

レートに潜っていてもわかるように、中途半端なレート帯では交代読み行動をされる回数が非常に多く、更には明らかにする必要のない場面で何故かリスキーな交代読みをされることも珍しくない。彼らの適正レートを物語っていると感じてしまう。

とはいえリスクを負わずに安定択で勝ち切る構築を用意するのはあまりにも難しすぎて骨が折れる話。
このゲームは強いプレイヤーと戦う場合、相手の想定内の行動を取り続けていたら当然負けてしまうので、リスクを背負わず勝ち切ることを目指す場合こちらの安定択が相手の想定外である必要がある
メジャーな型で固めたグッドスタッフはある程度の強さが保証されているが同時にメタ対象であるためそれで勝ちきれるのは良くても下から数えて90%くらいのプレイヤーまで。上位10%に対しても勝ち切ることを目指すならシーズンごとに常に新しいものを生み続けるしかない。とてもたいへんだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

修道女S

Author:修道女S
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。