スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズン1使用構築 簡易版

簡単に。

【前書き】
シーズン1は使用可能ポケモンが非常に少なく個体で差をつけることが難しいにも関わらず、環境に存在するポケモンはどれも対応が難しいものばかりだったため、普通にパーティを組んでいては必ずどこかに大きな妥協点が生まれてしまっていた。
レート差マッチングが多発する仕様の中で上位環境で少ない個体を切るという行為はあまりしたくなかったので、今回は妥協点を「個体」ではなく「命中率」に設定した。
当構築は、多くの物理ポケモンに対して高い汎用性を持てる「鬼火」という技を主軸にすることにより構築段階で詰んでいるような相手を可能な限り減らすという狙い。
命中不安技はもともとあまり好きではなかったが、今回は実験的に「自ら命中不安のリスクを背負うことで多くの対戦を有利カードにする」というコンセプトのもと構築を組んでみることにした。


【構成】
ガルーラ@ナイト
ガブリアス@弱点保険⇔拘りスカーフ
ゲンガー@ナイト
カプ・テテフ@デンキZ
ミミッキュ@ゴーストZ
テッカグヤ@バンジのみ

【解説】

〇ガルーラ@ナイト
性格:意地っ張り
実数値:199-194-121-x-127-127
技構成:ブレイククロー 地震 岩石封じ 身代わり

・臆病コケコのZ10万を大体耐える(≒テテフの控え目眼鏡サイキネ)
・S2段階下降時の陽気スカーフガブリアス抜き

ミミッキュの鬼火呪いやテッカグヤの宿り木と組み合わせて「身代わり」を展開する。
初手に出すと普通に出し負けする可能性があるので、後発から死に出しして有利対面を狙う。
「身代わり」と組み合わせて単体でもポリゴン2などの指数受けを突破できるようにするため、「ブレイククロー」を搭載。
サブウェポンはパルシェンやギャラドスの起点回避やカプテテフとの有利関係を逆転するために「岩石封じ」、ジバコイル・ギルガルドなどへの明確な打点として「地震」を採用した。


〇ガブリアス@弱点保険(⇔拘りスカーフ)
性格:意地っ張り
実数値:199-182-117-x-125-134
技構成:地震 岩石封じ 炎の牙 剣の舞

・地震で4降りガブリアスをほぼ二発
・臆病csメガゲンガーのシャドーボールを2耐え
・控え目カプテテフのムーンフォースを乱数二つ切って耐える
・岩石封じで130族抜き

地面タイプとしての行動保障と崩し性能を両立したガブリアス。
龍技を打ちたい場面があまりなかったためこのような構成に至った。
主にジバコイル・ポリゴン2・ゲンガー絡みなどに選出して崩しを行い、後続のガルーラを通す。もしくはガルーラで先に崩しを行いこのポケモンを通す。
全体的にパーティのSが遅くなってしまっていたため、終盤はASスカーフと入れ替えながら使っていた。


〇ゲンガー@ナイト
性格:臆病
実数値:149‐101‐207‐117‐200
技構成:祟り目 ヘドロ爆弾 めざめるパワー氷(⇔守る) 鬼火

・めざ氷で無振りガブを最低乱数以外一発
・メガルカリオの+2バレットパンチ最高乱数切り耐え

汎用性と突破力を備えた鬼火祟り目メガゲンガー。
コケコ絡みの並びに対してガブリアスと組み合わせることで有利対面を作っていく。
初手ゲンガーコケコ対面で突っ張ると同速負け電気Zで負け筋になってしまうので一旦ガブリアスに引く。
仮にコケコが電気技で突っ張っていたとしたらガブリアスに対して行う行動はテッカグヤなどに引くかフェアリー技なので、もう一度ゲンガーに引くことで相手の型判別と有利対面作りを同時に行うことができる(はずだった)。
初手のガルーラやガブリアスとの対面は鬼火を外してしまうと即負けに繋がってしまうので必ずテッカグヤに引くようにしていた。
そのタイミングでガブリアスにドヤ剣の舞を押されても死に出しゲンガーで切り返せるように、不本意ながら「めざめるパワー氷」を採用した。


〇カプ・テテフ@デンキZ
性格:控え目
実数値:177‐103‐179‐136‐127
技構成:サイコキネシス  リフレクター 瞑想 

・H振りテッカグヤがZ雷でほぼ一発
・陽気メガガルーラの捨て身タックル確定耐え

全体的に相手のテッカグヤに対して後手をとる見た目をしている構成だったため、初手で偶発対面をしても突破できる可能性がある雷Zカプテテフを採用した。
電気Z警戒でまもるから入ってくるテッカグヤが一定数いたため、「リフレクター」を一旦挟むことで型の誤認と同時に次の雷Zを確実に通すことを可能にした。
表選出で崩せない特定の並びに対して出していくため選出率は比較的低い。


〇ミミッキュ@ゴーストZ
性格:意地っ張り
実数値:159-144-103-x-129-125
技構成:シャドークロー 鬼火 呪い 身代わり

・陽気メガギャラドスの+1滝登りを最高乱数切耐え
・ポリゴン2の無振り冷凍ビームを身代わりがほぼ耐える
・最速テッカグヤ抜き

シーズン1環境で最も初手に安定するであろうと睨んだ鬼火ミミッキュ。初手に出して鬼火と呪いを巻き、後続の身代わりガルーラを展開しやすくする。
また一定数存在していたオニゴーリやイーブイバトン、壁展開に運要素を排除して確実に勝つための駒でもあるため、呪いのターンを確実に稼ぐことができる「身代わり」を採用。
化けの皮+「呪い」による確実な削り性能により、崩しのプランが非常に立てやすいポケモンだった。
ゴーストZを持たせているのは、初手の鬼火ゲンガーに対して火傷状態での「Zシャドークロー」→「呪い」で確実に縛るため。影打ち警戒で交代された場合、交代先に「呪い」を入れることができる。


〇テッカグヤ@バンジのみ
性格:呑気
実数値:HBたくさん dちょっと ^-^
技構成;ヘビーボンバー 火炎放射 ギガドレイン 宿り木の種

スカーフガブやテテフの一貫を切りつつ、鬼火を外してしまったパルシェンに対してのストッパーになりうる呑気テッカグヤ。
「ギガドレイン」の回復が入ることによりパルシェンの+2つららばりを2回耐えることができ、また構築単位で重めなメガギャラドスへの打点ともなりうる。
相手のカプ・テテフやカプ・コケコへの確実な削りを行うことができる「ヘビーボンバー」とテッカグヤミラーでの身代わり起点の回避のために「火炎放射」は必須級のウェポン。
「宿り木の種」はできるだけ打ちたくない技ではあるが、技の見えていない相手のガルーラに打つことや、こちらのガルーラとのシナジーを考慮するとやはり抜けなかった。


【まとめ】
最高レートは確か2180くらい。この構成にまとまってからは、レート差マッチの多い環境下でもよほど運が悪い時以外は2100以上を安定して維持できていた。
ミミッキュ+ガルーラ+ガブリアス
ゲンガーorミミッキュ+テッカグヤ+ガブリアス
この2選出だけでほとんどのパーティに対応することができた。
「鬼火」の性能の高さを主軸に置いていたため、見せ合い段階で勝つことが不可能だと感じるパーティはほぼなかったように思える。
1回くらいなら外してもなんとかなるように組んでいるが2連外しなどが相次いだ時期はやはりレートが下がってしまっていたため、勝率が鬼火の命中率に依存していたといっても過言ではない。
ただ狙い通り多くの相手に有利展開を押し付けることができる構成にまとめることができたので、ひとまず目標は達成できたといえよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

修道女S

Author:修道女S
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。